もし

乳酸菌といえば思い浮かぶのはカルピスかもしれません。

昔から、よく、飲ませてもらってました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

カルピスを飲んでいたのが理由で大変健康になりました。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。

1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。

私の娘が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効くそうです。

娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射針を注入されています。

注射が終了した後は怖かったーと話していました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も言うことができませんでした。

一般的な乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことなのだそうです。

これって知ってましたか?30年余り生きて来て、とても驚いた事実です。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。

おならによる臭いの原因は悪玉菌にあるとのことです。

なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する働きのある乳酸菌を摂り続けることにより屁の臭いを抑えることができます。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

効果があった方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。

友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日食べてみたのです。

実践していくうちに、だんだん治ってきて、便秘をすることがなくなりました。

乳酸菌を体内にに入れると体には色んな効き目があります。

まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、お腹を良くしていきます。

その結果として、免疫の力がアップし、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。

他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いんです。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまってクリニックに行きました。

潜伏期間はどのくらいなのか明確ではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。

3日間にわたって高熱が続いて大変苦しい思いをしました。

高い熱が熱発するインフルエンザなので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

お腹が便で膨れて苦しんだ事って一生のうちに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。

私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便秘に効く薬もありますが、私はアレをあまり飲みたくないので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を飲んでいます。

穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、やはりビオフェルミンです。

まだ小さかった頃から市販されていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、いつも私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、まずはビオフェルミンなのです。

アトピーに大変よい化粧水を日頃から使っています。

友人からすすめられた化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを大変きれいに整えてくれたのです。

朝晩鏡を見るのが、とても嬉しくなりました。

触る度にお肌がスベスベしていることをしっかり実感できます。

お通じが悪くなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口が臭くなります。

いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口臭は腸から胃を経ていらないものを取り除こうとし、口臭として現れるのです。

この場合、便がでるようになると、口の臭いも同時に改善されると言われています。

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、たいへん健康になりました。

毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取していくよう心がけています。

ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘をせずに過ごせます。

乳酸菌をきちんと摂ることに決めてから、みるみる肌の調子も良くなってきて、ダイエットも出来ました。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できることもあるといいます。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。

しかしながら、このIgEという抗体が数多く作られすぎてしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こることになるのです。

これがアトピーの原因であるとされており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。

オリゴ糖を摂取した乳酸菌の動きが活発になり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内環境を良くしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者ともお腹の機能増進や健康の維持には非常に重要な成分ということができます。

そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものと聞きます。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、短時間で高熱に達し、3日から7日程度それが続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など少々違いが見られます。

しかし、肺炎を伴ったり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、甘くは見ることはできない感染症です。

アトピーの治療に用いられる薬は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。

言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下できちんと使用するということが必須です。

もし、異なる治療方法や薬を試したい時には、医師の指導を受けるか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。

自分の考えだけで判断することは良い結果をもたらしません。

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、実は決められてないのです。

商品パッケージには適量と回数が、書かれていますから、それを基準にして下さい。

一気に1日分を回数を数回に分けた方が、身体に取り込むことを考えると効果が期待できます。

一般的な乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。

このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、知らなかった事実を発見です。

インフルエンザに感染したことが判明すると学校などには、5日間出席できなくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、2、3日で発熱は治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、体の中にはにウィルスが含まれており、うつしてしまう場合があります。

なので、出席停止の間はを家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

この続きはこちらです